×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このサイトはMapleStoryメイプルストーリー)のファンサイトです。該当ゲームの法的な権利はNEXON社に帰属することを確認します。
 過去の日記を表示中。
 タイトル画像をクリックすると、トップに戻ります。
 













 7月1日 土曜日   

 時事ネタには敏感に反応したいです。だって、楽チンですから。












 140Lv超えて「横やめて」とほざくハーミット、萌え。

 甘えるなよ (´・ω・`)







 ようするに、珠蟲姫というヤツです。……なんて読むの、コレ。辞書登録コンテンツに追加しようと思ったんだけど、いまいちしっくりする呼び名がわからない。ですから、当サイトでは珠蟲姫の読み方を募集しています。

 凄まじい効率ウェルカムな狩場らしいですね。いや、おいらは92Lvですから近寄れないのでわからないですけど。あちこちのサイトを見聞するかぎり、最高にhighってヤツ(効率)ダァーッ! って風評は否応なしに伝わってきます。
 武器庫実装時の騒動を思い出して、おいらの口もついついニタニタしてしまいます。おもしろい、楽しい。こういう騒動、大好きですから!

 ・ネクソン馬鹿
 ・横やめろ
 ・雑魚は来るな
 ・たかがメイプルで争うなよ



 (・∀・)ニタニタ



 もうね、もうね。


 嬉しすぎです(・∀・)
 

 よくやった、ネクソンジパング。

 いや〜。最近は退屈してたんだー。まだ記憶に新しい海マップ実装、大した騒動もなかったからね。せいぜい、グッドな狩場がいくつか増えた、くらいのことでしかたなかった。

 ううんっ!

 待っていたよ (*´ー`*)
 こういう大激変を。

 間違いなく最高難易度のMAPだそうですから、完全にランカー御用達ということですね! つまりは奪い合えということですね!

 だってそうでしょう。ランカーってのは経験値のみに限ってはメイプル界のトップを逝く連中なんだ。まさか、馴れ馴れしく穏便に経験値を増やせるようなローカルルールができるはずもあるまい。

 実際、激化してるでしょう。経験値項目に定められたシステム変数の値を変動させる勝負ってのは。

 一日に数十メガ位の経験値を稼がないと、あっという間にランキング順位はボロボロ落下してしまうという現実。つまり、ランカーの争いはすでに熾烈を極めている、ということ。

 そんな中に実装された、超経験値湧出マップ。奪い合え、とそう示唆しているとしか思えないっ!
 数十メガ単位の経験値で凌ぎを削りあっているランカー同士が、

 ランカーA「使ってます^^」
 ランカーB「他に行きます^^」

 まーさーかー、こんな会話が起こるはずもあるまい。連日のようにマシンガンを打ち合うような激戦を繰り広げておきながら、いざ、相手と対峙して「^^」はないだろう、「^^」は。

 ランカーC「争い嫌だ(´・Å・`)」
 ランカーD「みんな仲良しっ!」

 ……やれやれ。しかし、主義主張は人それぞれ。そういうプレイスタイルにとやかく言うつもりはないよ。
 だがね、其処をどこだと思っている? そんじょそこらの暇つぶしマップと同一視しとらんかね?


 うつけ者めが (*´ー`*)?


 まったく、もー。キミ、温室育ち? ダメだよー、ちゃんとそのマップの意味を考えないと。そんなに気分よく狩りたいのなら、来たまえ、キミも、モコモコに。

  もこもこ



 考えてもみたまえ、そこが平穏なマップに見えるかね (´・ω・`)?
 否。戦場だよ、そこは。ランカー同士の激烈な競争――その縮図に他ならないのだよ。
 戦場で仲良くはないだろう。いやいや、味方だ同士で仲良くするのはかまわんよ。
 しかしね、そこが戦場であることにはかわらないのだから、敵にズキューンされても文句は言えんのだよ、そこは戦場なのだから。

 ランカーC「横やめて><」
 ランカーD「おまえマナーないな」


 うつけ者めが (*´ー`*)?


 ええい、鬱陶しい。おとなしくコッチに来い、コッチに。

  もふもふ



 そこは戦場なんだよ。モンスターのレベルを見ればわかるだろう、そいつらはランカーの餌だってことが。
 つまりだ、ランキング競争の渦中にいる、ってことがわかるだろう。わかるか、一日に何時間もバカみたいに同じ動作を繰り返して勝負している、その主役なんだよ。


 奪い合えよ (*´ー`*)?


 140Lvや150Lvにもなって「横やめて」はないだろう。
 そんな泣き言が許されるのはエルナスまでなんだよ、二次職の間だけだ。

  もっけもっけ



 横も糞もあるか、応戦しろよ。戦場でマシンガン撃たれて「撃たないで><」はないだろう、打ち返せよ。やり返せよ、お前ら強いだろう (´・ω・`)?
 おめーら、自分がどうしてそのマップで狩りたがっているか? 勝ちたいんだろう? 少しでも効率の良いマップで狩りをして、他の連中よりもLvを高くしたいんだろう? そうじゃなきゃ、わざわざ敵の強いマップになんて行かねえからな!
 なら、闘えよ(・∀・)
 「無駄無駄無駄無駄」って来たら「オラオラオラオラ」ってやれよ。
 経験値競争の戦場に飛び込んでおきながら、その経験値の奪い合いは避けたい、なんて寝ぼけたことは言ってねえで、奪い合えよ。

 他人を蹴落としたい、他人とは争いたくない……両方やろうとするってのが、ヘタレのおかしなところだな


 さあ!


 選択のときだ!


  おいらもいいよ、いいよ


           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月3日 月曜日   

 母におねだりしておねだりしてようやく携帯電話を買ってもらいました。私は未成年なので、ややこしい手続きがさらにややこしくなってしまいますから、名義も契約者も母です。お金も母です。

 お誕生日に、ということで話を進めていたのですが、少々遅れてしまいした。しかし、そんなことでとやかくいうほど器の小っちゃい男じゃないということを演じていますので、このことはあえて問題にしません。どちくしょうめ。

 肝心なのは、この携帯電話……ボタンがたくさん付いてるんですよ! いっぱい、いっぱい、いっぱい、ボタンがあるんです。別に新しい数字を弩個喪が編み出して宗教的に普及させようとしているとかじゃありません。数字はちゃんと0〜9までです。

 意味不明です。ボタン多すぎます。わかりません、混乱でっす。それに、問題がたくさんあります。問題だらけです。ずさんです。もっとよく考えてください。

 まず、丸い円形のボタン。やたらどデカイです。位置も台の中央上段と一番押しやすい場所を陣とっています。
 自己主張が強すぎます。もう少し控えめにしたほうがいいと思います。
 そのうち他のボタンから「こいつウゼー」とかけ煙たがられてしまうかもしれません。私の携帯電話の話だけに、とても心配です。私は、全てのボタンが仲良く共存してくれるといいな、と願っています。ですから、近日中にこの自己主張の強い円形のボタンには「キミ……がんばるのは大変結構なことだが、もう少し周りを見て、相手に譲ることも考えたらどうだね?」とか50代の部長が新入社員に社会人のなんたるかを語るような口調でいろいろ諭してやりたいと思います。

 数字ボタンの配列も問題です。だって、数字の値の大きいボタンのほうが下の位置にあります。これではいけません。
 上の位置か下の位置、どちらが押しやすいかと言われれば、間違いなく上の位置のほうが押しやすいです。すなわち、上の位置の方が良い位置ということです。なのに、その良い位置を明らかに実力的に下である1や2や3が占めています。生意気です。
 0〜9の数字の中で、一番の実力者はどう考えても9です。なのに、その9は一番下にいます。不公平です。こういうところは、実力主義で判断するべきだと思います。
 ちょうど9のふたつ上には3がいますから、この際、位置を入れ替えてしまった方が良いと思います。9にしたって、自分の3分の1に過ぎない存在である3ごときに自分の上をとられるのは良い気分ではないでしょう。「おまえ、おれの因数の分際で生意気だぞ」とでも脅してやれば良いのです。それが実力社会、公平なる評価というものです。
 ただ、0は一番奥に引っ込んでいました。明らかに余り物、数字ですらない連中に両脇を挟まれながら、つつましく最下段に暮らしています。この態度は立派です。身の程をわきまえています。0は存在すらしていないような数値で、この0の発見そのものが世紀の大発見とか言われていたりして、イマイチよくわからない存在なのですが、この態度は立派です。評価に値します。私は0が好きになりました。

 ……。

 大マジメに困っています。弩個喪のよこした説明書が400pもあります。全部を読まないといけないのでしょうか。だとしたら、私はとんでもないものを購入してしまった事になります。
 「携帯電話って便利なんでしょう? だったら、欲しいよ。買ってよママン」こんな調子でいた過去の自分を打ち殺してしまいたくなります。アホすぎます。400pもある説明書がついてくる機械が、ただの日用品であるはずがありません。絶対に、なにか隠された裏があるに決まっています。
 ひょっとしたら、○○総○が新規開発した小型爆弾が内蔵されていて、立派な訓練を受けた工○員にだけ、その扱い方が説明書から読み取れるように仕組まれているのかもしれません。有事の際の兵器として扱うために! いいや、そうに決まっています。きっと、謎の暗号コードがこの膨大なる文字の群の中に埋もれていて、それを介して秘密の情報を交換して本国に送信したりしているんです。そうに決まっています。
 今の私の想像をアホだと思ったそこのアナタ! だったら、この説明書はどう説明するんですか! いいですか、この携帯電話本体の重さは、精々100gかそこらですよ? 大きさなんて、ポケットに簡単収納できる程度のこんまい存在ですよ? なのに! これほどの説明書がついてくるのです! これを異常な事態といわずしてなんと称します!? 普通の感覚の持ち主であれば、この壮絶なるギャップに驚愕し、その裏に隠然と仕組まれた巨大な陰謀の気配を感じ取らずにはいられないはずです!

 非常にマズイ、非常にマズイでしょう。今、今の日本人は、ほとんどが携帯電話を所有しています。しかも、肌身離さず持ち歩いています。常に肌と密接しています。恐ろしい。
 ええ、私……気づいてしまいました。この携帯電話に爆弾が仕掛けられているという前掲の想像……もし、もしコレが事実だったらですよ、もし、それが製作者の意思のもと、ボタンひとつで起爆できるよう設計されているとしたら……恐ろしい……。
 これ以上ないほど確実な殺傷兵器ではありませんか。国土を覆いつくさんばかりの核爆弾なんか打ち込む必要はありませんよ。開発企業に潜入して、何気なく携帯電話に起爆式小型爆弾を内臓させればいいだけの話です。それだけで、日本を容易く崩壊せしめることができます。
 もし、今この瞬間、携帯電話に内蔵された小型爆弾の起爆スイッチが押されたら……何人がデータを失い、発狂するでしょう?
 最近の若者は携帯電話に頼る余り、恋人との連絡先もそらんじることが出来ないというではありませんか。恐ろしいことです。もし、もし爆発したら……精神病院は満杯になるでしょう、怖すぎます。友人との連絡も取れませんから、連絡網の復旧作業は困難です。「ねー、○○のアドレスって何番だっけ?」と聞くこともできません。
 携帯電話中毒、というのも最近は聞かれます。常に携帯電話を弄っていないと、落ち着かないという症状です。もし、携帯電話が爆発したら……精神病院は満杯になるでしょう。発狂するでしょうから。

 ……。






 日本は崩壊の危機に直面している!



 退学が差し迫っている中でも大して動揺しなかった私が、大マジメに困っています。
 誰か携帯電話の使い方を教えてください (´・ω・`)

           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月7日 金曜日   

 そろそろ大まかな今後の方針が決定しそうです。尤も、決定するも何もひとつしか選択肢はなかったのですが (´・ω・`)


 勉強
 ↓
 高等学校卒業程度認定試験(高認・大検)
 ↓
 勉強
 ↓
 大学受験


 うん、これしかない。
 非常にわかりやすくていい。

 なにせ学校に行っていないわけですからね、時間は腐って腐って逆に忙しくなるほど余っています。
 高認試験は8月上旬から案内やら出願やらがあって11月には試験があるらしいのですが、おいら、まだ高校2年生だからね。ムリに数ヵ月後の試験で合格しようとしなくてもいいよね、きっと (´・ω・`)
 もともと学力は2年近く遅れてるんだからね。19か……遅ければ20くらいまで勉強して、それから大学受験でもいいよね、きっと。高認はそれまでに間に合えばいいよね、きっと。……これって、浪人に部類できるのかしら。

 そうと決まったら、今後の目標。まずは、糞暑い夏休みが始まるまでの一ヶ月近くの目標。

 ・生活リズムの調整
 ・中学1年、2年の学習内容の総復習
 ・心残りになりそうな諸々の雑事を片付ける

 生活リズムは根性で修正するしかないよね (´・ω・`)
 睡眠時間とか、今は13時間くらい寝てるからね。起きるのが正午過ぎって有様だからね (´・ω・`)

 総復習は弟の教科書を借りようかな。勉強は積み重ねだからね、基礎が危ういと崩れそうだよね。

 心残りの雑事ってのは、作成途中のドラゴンナイトの育成コンテンツと、私的な○○の完成。やり遂げられたら、スッキリしそうだよ。


 ……。

 うん。

 よし。



 明日からやろう


 雑事の方にとりかかろうかしら。

           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月8日 土曜日   

 昨日、七夕だったんだ ( ゚д゚ )

 テポドン騒ぎのせいですっかり忘れていたよ。



 あのね、今日ね、うちの犬(♀:2歳)と遊んだの。
 うちの犬がダンボールの影で寝ているところにね、こっそり近寄ったの。
 そしたら、バルルルルルって吼えられちゃったの。すごく怖かったの。
 でもね、目線があって、近寄ったのがあたしだとわかったらね、すぐに大人しくなってくれたの。
 その後、ごろん、した犬を撫でたりしたの。とっても楽しかったの。




 ↓↓脳内翻訳↓↓




 犬(……暑いわあ、こんな日は日陰で眠るに限るわあ)
 私(こっそり、こっそり、キヒヒ)
 犬「だ、誰っ! きゃーっ! 近寄らないでよ!」
 私「あ、バレた」
 犬「来ないで! 来ないで! わたしのベッドに近寄らないでよ! 変態、痴漢!」
 私「落ち着け、落ち着け (´・ω・`)」
 犬「動かないで! 警察呼ぶわよ……って、何だ、アナタなの」
 私「そうだよ」
 犬「そ、そう。ごめんなさいね」
 私「いいから、気にしないで」
 犬「……うん。ごめんね」
 私「……」
 犬「……」
 私「ねえ」
 犬「ん? な、なに?」
 私「ベッド……入って良い?」
 犬「え、ええ。……あ、うん。いい……わよ」
 私(ごそごそ、もぞもぞ)
 犬「布団、ぐちゃぐちゃにしないでね」
 私「わかってるよ」
 犬「……」
 私「……」
 犬「ねえ」
 私「んー?」
 犬「撫で撫で……して」



 (*´д`*)





 ヴァル卍エイの中の人は、暑さに負けずがんばっています。

           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月11日 火曜日   

 家の周りにあったクモの巣が、いつの間にかとんでもない数に増えていた。
 夏だからある程度は仕方ないのかもしれないけど、高度を考慮しなければ、完全な我が家包囲網になっている。
 クモの大きさは、丸っこい胴体で2cmくらい、カサカサ動きそうな足の長さは4cmくらいだ。なかなかのサイズで、突然目の前に現れたら間違いなく叫んでしまいそうだ。
 そして、彼らが作り上げた巣の面積は、大体、直径50cmほどだ。パソコンの画面よりも遥かに広いよ。
 そんなクモの巣が、ざっと20個ほど、裏庭の木々の梢と、屋根と電線との間に拵えられているんだ。いやぁん、逃げ場はないわぁ。
 ……こんなことを書くと、中の人が途轍もなく恐ろしい環境に震え上がっているのかと思われそうだけど、そんなことはない。むしろ、若干、喜んでいる。
 だって、クモは人間には喧嘩を仕掛けないからね。それほど怖くないんだ。いざとなったら、片手でも握りつぶせるしね。……超非常時にしかやらないけど。
 しかも、クモは中の人が大嫌いな蚊を悉く抹殺してくれるからね、そういう面では、大好きだよ。どういうわけかかね、蚊には愛されている男なんだ、私 (´・ω・`)
 クモか、蚊か……どちらかと共存しろと言われたら、そりゃあ、クモを選ぶわさ。そういうわけで、「自然界の奇跡の糸」で構成された夥しい数の網は、俄然、放置中。え、いや、駆除する方法がないってのもあるんだけどね。

 そういえば、ふとこんな話を思い出した。
 人間ってのは、クモかヘビのどちらかには必ず嫌悪感を抱くものなんだってね。合ってるかな。
 ううんん、確かに、嫌いだ。基本的に。
 TVで熱狂的なヒトを極まれに見かけるけど、それを除いては、ほとんどの人間がクモとヘビは大嫌いだよね。……ああいう、ヘビを首に巻きつけたり、タランチュラを何匹も部屋で飼育したりするヒトは、いろいろと語るに尽くせぬ過去があるんだよ、間違いない。
 特に、ヘビの嫌われ方は尋常じゃないね。メデューサという化け物を聞いたことがあるけど、アレのモデルもヘビなんだってね。ゴーゴンもかな。神話には詳しくないよぅ。
 ところが、そんなヘビを苛める文化の栄える一方で、ヘビを神様として崇拝する文化もあるというから、驚きだ。宗教的なモノは間違えるとバチがあたりそうだから冒険して書くことはできないけど、それっぽい信仰は確かにあったらしい。
 その理由ってのが、ネズミなんだって。ネズミは昔から地球上のどこにでもいて、あちこちの食料庫を荒らしまわっていたから、ものすごく嫌われているんだ。
 でも、そのネズミを、ヘビは駆除するんだよね。丸呑みにするのかな? 想像するのは気味が悪いからよすけど、とにかくネズミの天敵ってことで有難がられていたんだ。
 サバイバルという漫画にも、ネズミに困って、ヘビを飼うシーンがあったけど、きっと、あんな感じだったんだろうなあ。
 ヘビはとりあえず嫌いなんだけど、食料がネズミに荒らされるのはもっと嫌だから、仕方なしに飼うことにしよう――それが発展して、信仰になったんだね。
 人間ってのは大昔からゲンキンな生き物だったようで、それまで毛嫌いしていても、自分たちの役に立つとわかると、途端に大切にしだすんだからっ。
 でも、この構図って、ちょうど、我が家でも起こっているよね。
 ヘビをクモに置き換えて、ネズミを蚊に置き換えれば、ほうら、一致。それまで毛嫌いしていたものを、もっと嫌いなモノを駆除するために利用する――そのまんまじゃん、私 (´・ω・`)

 とりあえず、余っている時間を利用して、クモの像でも作ろうかしら。粘土で。
 そして、朝晩、ちゃんと供え物をして、両手を合わせて拝むんだ。


 クモ神さま、クモ神さま。どうか、蚊を絶滅させてやってください、お願いします……って。


           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月12日 水曜日   


 ※ホラー警報発令中! 苦手な方はご用心!








 気分が悪い。

 というより、怖い。

 嫌な話を聞いてしまった。

 あのね。

 中の人の母の妹、つまり、私にとって叔母になる人がね、久しぶりにうちに帰省していたんだ。家族そろってわいわいしてたら、TVで心霊特集みたいなのがはじまったの。
 普段なら怖いからchを変えちゃうんだけどね、昨日はみんなで騒いでいたから、勢いで観ることになったの。
 ありがちな心霊写真とか、ゲストの恐怖体験とか、まー、番組はそんなに怖くなかったんだ。でもね、もっと怖いことがあったの。
 あのね、私の叔母はね、看護婦をしてるの。今は看護士と呼ばなきゃいけないのかな。とにかく、病院で働いているんだ。
 その叔母がね、番組が終わってみんなで「大して怖くなかったねえ」と感想を言い合っているうちに、自分の体験談を語り出したんだ。

 ……。

 心なしか、今、こうして日記を書いていて、妙な視線を感じるような、そんな気が……。

 でも、ここでやめたら、いつまでも怖いような気がする。

 書こう。最後まで。

 あのね、叔母が看ていた患者が亡くなったんだって。病院だから、ありがちなことなんだろうけど、その死んだ人ってのがね、私よりも幼いらしいのよ。中学2年生だったんだって。男の子。
 で、その死因ていうのが、自殺らしいの。亡くなる直前まで足は健康だったから、病院から脱け出して近所にある高層マンションまで歩いて、そこの非常階段から飛び降りたんだって。
 もともと入院することになった理由ってのが、どうも胃腸の潰瘍だったようで、その潰瘍の原因ってのが、学校のイジメだったんだって。ストレスだろう、って話なんだ。
 そんな事情がわかってたから、自殺に至った衝動ってのも、きっと同じ理由だろうってことでケーサツとの話もまとまったそうなんだ。クラスの担任教師とか教頭とかも病院に来て、いろいろ話をしたらしいよ。
 でも、クラスの子は来なかったんだって。葬式には何人か来たのかもしれないけど、少なくとも叔母は病院に来ているのは見てないんだって。
 ご両親はしばらくして衰弱しちゃったようで、その病院の心療内科に入院したそうな。事情が事情だから、満杯だった病棟に一部屋空きを作ったんだって。兄弟はなかったらしい。
 そのご両親は、入院から1ヶ月くらいでひとまず退院して、ときどき通いで心療内科を受診してるようだったけど、叔母は担当が違うから、あまり会うことはなかったんだって。
 叔母も看護士の仕事が忙しいから、ご両親が退院して何週間かしたら、そのことをすっかり忘れたんだって。看護士は激務っていうからね (´・ω・`)

 ところが。

 叔母がその事件を忘れた頃になって、その自殺した子の担任の先生が訪ねてきたそうな。それもただの挨拶じゃなくて、ちゃんとした時間が欲しいって。それも、その子を看た叔母と話がしたいそうな。
 その担任の先生ったのは、その自殺した子の通ってた中学校にはその年に赴任してきたばかりだそうで、その自殺した子が入院したのは5月のうちだから、あまりイジメの事情とか詳しくなかったんだって。どうも、1年生のころからイジメはあったようで。
 話のはじめにそういう事情を説明した後、その担任の先生が叔母に訊ねたそうな。
「そのイジメについて、何かあの子が言ったことはありませんかね、何でも良いんです、教えてください」
 って。
 叔母も隠す理由もないし、いくら時間がなかったとはいえイジメに対処できなかった先生に腹が立っていたから、その自殺した子が入院していたころに口にした、イジメてくる同級生の名前を伝えて、担任を詰りもしたそうな。
 すると担任の先生も、同じ生徒を怪しいと見当していたらしく、
「やはり」
 と、呟いたそうな。そして、それだけ言ったら、あとはうな垂れて何も言わなくなっちゃったんだって。
 担任への怒りがまだまだ収まらない叔母は、イライラして「どうして今頃になって……」と次を促したんだって。
 すると、担任が色の悪い顔をして、ポツポツと語り始めたそうな。
 その内容ってのは――。

 そのイジメられていた子が自殺して、葬儀も終って、クラスに戻ると、一部の生徒が学校に来なくなったんだって。
 先生もはじめはショックを受けているのかな、と思っていたんだけど、どうもそうじゃないらしい。体調が悪くなって、病院に通っているそうな。
 その体調不良も、目ぼしい病状はないから、ショックが原因だろう、って医者も診断したんだって。不安やら緊張やらを和らげる薬を処方して、時間が経てば治るだろう、って。
 でも、その体調を崩した子たち、2ヶ月経っても、ちっとも症状が改善しないそうで。そればかりかどんどん悪くなっているらしい。
 たまりかねた先生が、その子たちの保護者を一堂に集めて、話し合いをすることにしたそうな。













 (´・Å・`) 「……」
 
 (・ω・) 「……」

 (´・Å・`) 「んー?」

 (・ω・) 「それでっ? それでっ?」

 (´・Å・`) 「おう? なにが?」

 (・ω・) 「話の続きはー?」

 (´・Å・`) 「あー、あのね……」

 (・ω・) 「……」

 (´・Å・`) 「これまでの話、全部、嘘だから」


       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ


           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月16日 日曜日   


 パチンコ屋は、初心者と思しき客の台は大当たり率を高くして、大金を稼がせて、客の脳裡に「いつかは勝てる」という情報を刷り込ませて、中毒に陥らせると聞いた。
 人間の心理を利用したおそろしい戦術だ。
 しかし、ふと思った。
 あちこちのパチンコ屋を渡り歩き、友人と二人で共謀して、

 A「えー、でも、オレ、やったこと、ないし……」
 B「いいから、とりあえずやってみろって」
 A「じゃあ、ちょっとだけ……」

 と、いかにも初心者を装って店に設定を緩くするように仕向け、大金を稼ぎ、その店を後にして、他の店でも同じことを実行する。


 こんなことを真っ先に考えてしまう自分には、いろいろと問題があると思います。

 ※ビギナーズ・ラックと呼ばれるものの正体が判明しましたね (´・ω・`)
   店側が仕組んだことだったようです。
           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月20日 木曜日   


 携帯電話を購入した。それは、前に書いた。
 すっかり忘れていた。携帯電話には、カメラ機能が付いているんだった。
 携帯電話は、メールも遅れるんだった。画像を添付することだって、できるんだった。

 というわけで。

 お初お目にかかります(`・ω・´)
















 (*´д`*)

 我が愛犬。



 ね、ね。かーわーいーいーでしょうっ。

           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月22日 土曜日   


 世間を騒がせている天皇のメモ騒動ですが、どうやら偽物ということで解決しそう。
 だってね。そもそもタイミングが良すぎだしね (´・ω・`)
 さあて、これが偽物なら、誰が仕組んだことだろうか。ほんと、民主党は偽物騒ぎがお好きですね。




 
 近所撮影。

           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月23日 日曜日   


 夕方。不意に目覚まし時計が鳴った。
 おかしいな、と思いつつ、席を立った。
 すると、鳴り止んだ。
 近くの時計を見たら、3時24分という、如何にも中途半端な時間だった。

 ……もしかして、間違えたんだろうか。





 失敗してもいいじゃない
   機械だもの








 油断して気を抜くと「やーめたっ」とか言ってエディタを閉じてしまいそうで怖いのですが、がんばってメイプル日記を書きますよ。
 一昔前、このサイトが全盛期(?)だったころは、画像を切って整えて文章を書く、それくらいどうってことない作業だったのに、最近は、もー、ダメね、あうつ、あうつ。
 それでもたまには書かないと、書き方を忘れちゃいそうだから、一応書くよ。がんばるよっ。

 さーて。

 どうやって書き出そう。






 最初に弁明しておきますが、別に私に変な性癖はありません。
 ちょっと怪しいなあ、と自分で思ったりすることもままあるにはあるのですが、決して他人から奇異な目線を浴びる必要があるほど、常識というものを逸脱しては降りません。



 誤解なきよう――。

 カモはいいね。お馴染みのカモアバターが、今日中に消滅してしまうというのでF4。それに少しばかり欲情しているヴァル卍エイ。
 うん。かわいいからおっけだよね。ロシア人も「わび・さび・萌え」とか言ってるしね。二次元の画像で下半身の血流状態に著しい変化を来たしたとしても、それほど気に病むことじゃないよね。おっけ。



 おっ。



 (*´д`*)ハァハァ

 やっぱりええわあ、カモって。まるまるとした股間のドット絵がたまらないね。変に気取ったりしてないから、ファンタスティックな色気があるよ。
 何より、すらりと伸びる脚に映える! もうね、もうね、美しすぎるでしょう。
 あの着衣と脚の境目のところ。一体どうなっているのかなあ、そんな想像をするだけで、もう、私……っ!

 ……。

 何だコレは。
 メイプルの日記を書くつもりだったのに、あまり久しぶりすぎたせいなのか、変態の妄想録になってるじゃないか。
 マズイ。通報されかねん。
 しかし、基本的にこの日記は書き直さずに勢いだけで仕上げるものだから、消さずにこのまま行こう。

 ……。

 不安だなあ。

 最近できた新マップに、ルイネルが出るらしいじゃない。
 いやあ、感激だなあ。オジサンたち新人類世代……ああ、ダンカイよりもちょっと新しいタイプね、そういう古いタイプの私みたいな人間は、時代の変化についていけなくってね。未だにルイネルといったらオルビスのオリエント文明的な装飾の公園しか思い浮かばないんだよ。
 案内してもらおうか。もちろん、ヒールはもらう。ホーリーシンボルももらう。ふっはっは。



 うーん。
 イマイチだなあ。なんていうか、テンポが取り戻せない。おぼつかないね、文章が。
 しかし、どうにかここまでやってこれたのだから、うん。がんばろう。気合、根性、一億玉砕!



 サクリで9000いったよ(*´д`*)
 ……新情報だっけ。これ。メイプルのこと忘れちゃってるや。

 そうそう。実はね。
 このルイネルマップに来る前、忍者のところまで遊びにいったりしたんだよ。
 珠蟲姫のわんさか出る大仏マップね。そこにいやがったんですよ。



 でも、忍者の対応があまりにも素っ気なくて、書いても全然おもしろくならないので省略します (´・ω・`)

 ともあれ、しばらくはルイネルで遊んでいたんですが、ご多分に漏れず、作業化してしまいまして。
 場所を移ろうか。どうしようか。じゃあETCをカニクエでばら撒こう。わっはっは。暴君万歳。
 で。



 カモ「プリは薬代いらないのだ」

 (*´д`*)ハァハァ
 これはもうGOしかありませんね。
 新ジャンル「鴨」

 ……ダメだ、内容が浮かばない。カット、やり直し。鴨の言葉からボケが深まらないや、ブランクやね。

 で、カニングに行ったんですよ。イマイチ最近は存在意義のわからなくなってきた「万病治療薬」とかルイネルの尻尾とか、そういうゴミドロップをばら撒くつもりでしてね、遊びですよ、遊び。
 でもね、そこにいるのは全部上級者っぽかったんですよ。
 装備がタオルの幼ゴキブリだったり、シクルーションリストを装備していたり、倉庫っぽい名前だったり、アバターがゴテゴテしてたりで。
 うーん。こんな連中のところに落としたって、誰も拾わんだろう。使わないだろう。有効活用してもらいたくでわざわざやって来たんだから、連中の前に捨てたら意味がない。

 というわけで。



 やってきました、ヘネシスの狩場。
 いやあ、盛況。盛況。
 さあて、さっそく、ばら撒きましょうか。クエストでもらった赤い薬とか、このLvなら役に立つからね。
 はっはっは。ボクは何て良い人なんだっ

 ……。

 気分悪い。
 なにさ。情けない自己愛むき出しにしちゃって。そんなにネット上で尊敬されてうれしいか。こんなたかがゲームでのありがとうが、本心からのものだとでも思うのか。
 バカめ。
 自己肥大願望もここまでくると醜い。現実世界で他者から認められないからって、こんな架空世界での名誉と地位と尊敬とを勝ち得ようと努力してどうする。
 愚か者め。
 ゲームは娯楽だ。楽しむためのものだ。わっはっは、と笑うためのものだ。

 ああ。

 何だか、長い夢から覚めたような気分だよ。

 自分の思考が不思議なんだ。

 変に明瞭すぎて、他人の中に住んでいるかのようなんだ。

 ああ。

 いいね。

 この感覚。

 久しく忘れていたよ。


 ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ





 バーン!














 怒られたので、やめましたよ (´・ω・`)





           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月25日 火曜日   


 どーも、勢いがないと日記も満足に書けない管理人です。
 面白みに欠けるメイプルプレイ日記を書いても仕方がないので、どうでもいいことを書きます。


 私って、ちょいちょい本を読みます。本というのは、一般に小説類。話題のベストセラー……ではなく、図書館で借りてこられる古ぼけた本です。
 そういうわけですから、恥ずかしくない程度に日本語を知っています。読むことも書くことも一通りこなすことが出来ます。……話すのは苦手ですが。
 そんな私が最近注目しているのが、社会科の教科書です。
 難しい単語が立ち並び、ややこしい歴史年表と格闘する暗記科目!
 しかし、この糞つまらない本でも、ちょっとした目線を得ることで、世にも奇妙な文章の数々を堪能することが出来、とても面白いです。
 ずばり言ってしまえば、文章が酷いです。これが小説だったら、作家の先生は編集のヒトに愛想尽かされてお飯の食い上げでしょう。
 文章があまりに破綻しすぎています。それでは、ご紹介しましょう。





 『中国』……3世紀の初めごろ漢が滅びると、魏・呉・蜀の3国に分かれて争う三国時代がしばらく続いた。3世紀の後半に晋が国内を統一した。その後、遊牧民族の侵入により、南部と北部に王朝の分かれた、南北朝時代へ移行した。

 ムチャクチャです (´・ω・`)
 漢という国が滅びて、魏呉蜀の3つの国に分裂して争った、それが3世紀の初めごろ。……ここまではわかります。
 って何だよ。争っていたのは魏と呉と蜀の3国じゃないのか!?
 明らかに説明不足です。読者の混乱は著しいことでしょう。
 三国志演技を読んだ経験のある私は、魏がクーデターによって晋に変わった、ということを知っていますから、辛うじて話についていけます。
 ですが……ほとんどの学生はそんなこと知らないでしょう。大混乱ですよ。晋は一体、どこからでてきた国なのか。パニックです。
 さらに、その後の文章も違和感がありまくりです。
 遊牧民族が攻めてきて、どたばたと戦争があった……それはわかる。世界にはいろんな民族がいるからね、争いは絶えないよね。
 でもさ、何でそれが原因で北と南にわかれるのさ! わっかんないよ! 普通ならみんなで強力して遊牧民族の侵略に対抗するんじゃないの!? 一致団結しろよ、おまえら!





 『朝鮮半島』……北から高句麗が進出し、4世紀には楽浪郡を滅ぼし、朝鮮半島を支配した。半島南部では、百済と新羅がおこった。7世紀後半までこの三国が対抗していた。また、加羅(任那)地方は、倭との行き来もさかんだった。

 せーのっ。
 加羅(任那)はどこから湧いて出た!
 7世紀後半まで高句麗と百済と新羅の三国が対抗していたんじゃなかったのか! ん? 加羅地方? ほうほう、加羅ってのは、国じゃないのか? だから三国にはカウントしなかったのか?
 で。
 どこの国の地方だよ! バカ! 説明しろ!





 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。




 日本語でおk



 で、論旨はなんだ。さっぱりわからん。
 朝のスピーチでこんなこと話したら先生に怒られるよ。ちゃんとしろよ、日本国憲法前文よ。






 そういうわけですから、みなさんも社会化の教科書を楽しんで読んでください
  (´・ω・`)

           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル





 7月31日 月曜日   

 怠惰→自己嫌悪→鬱症状→無気力→自己嫌悪→鬱症状

 という最悪の螺旋に突入してしまったヴァル卍エイです。こんばんは。
 一週間近くも日記を放置してしまいまして、その間にもせっせと糞マジメに"お気に入り"からいらしてくだすった閲覧者さまには申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、別に何かで補おうとか、償おうとか、とういう敬虔なことは一切考えていません、このまま踏み倒すつもりです、こんばんは。







 と、今日は大丈夫だろうと思って書き始めたのですが、ここまで書いている間に気分が一変しました。

 もーむりorz

           


 現在のヴァル卍エイ
     92Lv 53.22%   倉庫 400,000メル