×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このサイトはMapleStoryメイプルストーリー)のファンサイトです。該当ゲームの法的な権利はNEXON社に帰属することを確認します。
 過去の日記を表示中。
 タイトル画像をクリックすると、トップに戻ります。
 










 10月19日 金曜日   

 弟が「銭湯に行く」と言い出した。風呂嫌いで、いつも5分くらいで浴槽から出てしまう弟がいきなり何を思ったのか、不思議に思ってよくよく話を聞いてみると、目的は風呂ではなく、サウナであると話してくれた。「汗をかきたい」を言っている。

 まるで意味がわからない。毎日部活でひーひー喘いでいるくせに何を考えているんだ。あの汗臭い柔道着の汚れが汗でなくて何だと言うのだ。4年間にも及ぶニートlifeによる知能低下で、私の理解力が極端に落ちてしまったのかと思ったが、幸いにもそうではないらしい。

 明日の柔道の試合に備えて、減量したいそうだ。つまり、現時点では制限体重でoutになるらしい。つまり弟はデブだということだ。それを知って私、驚喜。「わっはっはデーブ、デーブ」と小学生のような悪口で囃し立てたら蹴り飛ばされて尻が痛い。くそう。

 「打ち身にも効くって書いてあったよ」と銭湯の宣伝広告を私に紹介する弟。悔しいが行くしかなさそうだ。こうして銭湯に出かけることになった。

 出発間際に母が私に打ち明けた。何でも、弟は体重を落とすために、断水サウナを敢行しようとしているらしい。心配だから途中で倒れたりしないよう、付き添ってほしいということだ。

 どうして自分の体重も考えずに試合に申し込んだのだ。阿呆なのか馬鹿なのか。しかし卒業生の8割が旧帝大学に進学するという高校に合格できたのだから、少なくとも馬鹿ではないのだろう。未だに「去年の前は?」と聞かれても「おととし」と答えられないのだけれども。

 そんなこんなで途中の過程をすっ飛ばして、サウナで汗を流す。暑い。わかってはいたが、非常に暑い。どうしてこんな暑いのか。まだ10月だというのに、ここまで暖房を焚くことはないのではないだろうか。だがちょっと待ってほしい。それは心配のしすぎではないか。確かにまだストーヴと必要とするほどの寒さではないが、夜の毛布は非常にありがたいと感じるくらいにはなっている。つまり、今は夏ではないということだ。現に露天風呂で夜風に身を当てていると心地よい肌寒さえ感じる。 一方で、もうもうと熱気の立ち上るサウナなどというものが同じ銭湯の施設内にあるのだから、若干の違和感を禁じえないが、これも日本国内に深刻な所得格差をもたらした小泉政権のツケだと考えれば、致し方ないのかもしれない。(朝日新聞)

 そろそろ出るかと思って隣に座った弟を見ると、いつの間にかそこには見知らぬオッサンがあぐらをかいて座っていた。誰だお前。びっくりした。

 私がサウナを出ようと立ち上がったら、みんな立ち上がってびっくりした。備え付けのテレビで映していた野球で、CMになったようだ。みんな一斉に出て水風呂に浸かって、そろそろ体が冷えてきた頃にまたサウナに戻って中日の試合を観る、と。ここは名古屋なので、みんな中日を推しているのです。

 減量のためにはるばるサウナまで来た弟がどこに行ったのか、何をしているのか、少なくともサウナには居ない。もう知らん。ゆっくりとジャグジーで体をほぐしていると、自然とアクビが、口が、開く、ああ。極楽、深く息を吐く。塩味。・・・・・・塩味?

 ジャグジーの水飛沫に塩分が含まれているはずがない。・・・・・・不審。too HUSIN , too AYASII (怪しすぎる、とにかく怪しすぎる)びくびく怯えて周囲を観察すると、毛むくじゃらのオッサンが手ぬぐいを振りながらこちらに歩いてきた。サウナ後らしい。まさか、その手ぬぐいに染み込んだ・・・・・・汗とか、オッサンの汗とか、股の下を拭いた手ぬぐいを振って、飛び出して、まさか、まさか。・・・・・・何も見なかった。

 いつの間にか隣に来ていた弟が、もう出る、と言い出した。サウナで汗は流したのか? 減量できたのか、まあいいや。
 いそいそとロッカールームに戻って服を着る。ロッカーの鍵がゴムバンドの番号札に挟まって出てこなかったので、ぶん、ぶんと下に振って遠心力で外に出す。手が滑って、からん、落とした。同時に弟も落とした。偶然だ。見知らぬオッサンがこっちを見てニヤニヤしている。こっち見るな。

 服を着て大広間に出ると、真正面に「冷た〜い」とコーラの自動販売機があった。卑怯だ。こんなことされたら買うしかないじゃないか。昔、映画館でポップコーンとコーラのイラストをサブリミナルで映像に混ぜて売りまくる、という商法が法律で禁止されたらしいけど、風呂上りに「冷た〜い」と広告するのも違法みたいなものじゃないか。くそう。買ってやるか、でも弟は減量中だし・・・・・・。

 私が悩んでいると、弟はパチスロに100円玉を入れていた。またそんな無駄遣いを。仕方ない、私はアイスキャンディーを買おう。カルピス味だ。うまい。うまい。うまい。弟がつまみ食いに来た。端っこを齧っていった。満足そうだった。友達に消しゴムを貸したら、角を使われた気分だ。それにしても弟は何しに銭湯まで来たのだろうか。

 試合は明日である。まだ体重制限をクリアしていないらしい。